real estate

価値を求める傾向

安い傾向がありますが、改善してます

nice houses

北九州での注文住宅の金額や価格の傾向は比較的安い傾向にあります。 その理由として、北九州は政令指定都市の中でも高齢化が住んでいるため、注文住宅の需要が減っていることから金額が下がっています。また、利便性などの理由から高層化やアメニティが充実したマンションの建設が広がっているからです。 しかし、近年ではこの傾向が改善しています。北九州などの周辺の自治体が若い世代を呼び込もうという取り組みを行い、注文住宅を取り扱う事業者では、より付加価値がある注文住宅の提供を行っていることにより、改善しています。さらに注文住宅もこれまでは大手の事業者が多かったのですが、個人や地場の企業なども多くなっており、価格は上昇傾向しています。

付加価値の追求が高まっています

これまで、北九州での注文住宅は大手の事業者が多かったのですが、近年ではデザイナーを通したり、中小の地場企業を活用する動きが高まっています。これは注文住宅を依頼する側が住宅に対してのこだわりが高くなっているため、個性的でより付加価値がある注文住宅を希望する傾向が高まっています。 一方で、注文住宅だけでなく、建売した住宅も注目されています。北九州は山間部が多いエリアのため、山間部の一部を再開発する動きが活発で、こういったエリアでは注文よりも建売住宅の需要が高まっており、注文住宅は主に都心部での需要と差別化が住んでいる傾向があります。この傾向は都心部と山間部の地価の価格に差があるなどの問題から暫く続くと予測されています。